プレゼンテーション研修

プレゼンテーション力は伝える技術です。

限られた時間の中で、いかにアピールするか?いかにインパクトを与えるか?そのための表現や技術の理解と習得を目指します。

プランの概要

論理的な考え方や話し方を強化し、論理的に整理した考えを聴衆にわかりやすく伝えるプレゼンテーション力を習得します。 さらに、VTR 撮影によるプレゼンテーション演習(ロールプレイング)を繰り返し行うことで、実践力を養います。

論理的思考の習得+ロールプレイング=実践力

研修の目的

  • プレゼンテーションの表現スキルを理解。
  • 論理的な話し方のスキル(概念化スキル)を理解。
  • プレゼンテーション資料開発における概念のまとめ方を理解。
  • Point01 徹底的な“ 聞き手目線” と“ 聞き手心理”
  • Point02 プレゼンテーターの発信を講師がプトロコル分析
  • Point03 個人別の改善点をキメ細かにフィードバック

※プロトコル分析とは、観察対象者により言語として発話されたプロトコルデータの詳細な分析を通じて、
					対象者の内的認知過程を分析する認知心理学の方法です。

  • スキルアップ01 人間心理のメカニズム(論理的納得と感情的納得)を活用したアプローチ
  • スキルアップ02 プレゼンテーション演習を深く分析(プロトコル分析)してフィードバック
  • スキルアップ03 表現スキルと概念化スキルの習得により説得力アップ
表現スキルの一例
ボディランゲージの基本動作
「あ行」を言わない
ワンセンテンス・ワンミーニング
アンカリング
ナンバリング
概念スキルの一例
論理とは
ブロック・ブリッジ
ニーズ
構成(3部構成法)

カリキュラム

第1日

オリエンテーション

プレゼンテーション演習1

~自己紹介~

プレゼンテーションに求められる論理力の向上

~論理的な考え方・話し方の必要性~

論理力強化演習1(個人演習&F/B)

~文章の構造を論理的に伝える~

論理力強化演習2(個人&GD&発表、F/B)

~図式化・チャート化の技術~

プレゼンテーションの基本技術

~論理的に整理した考えを聴衆にわかり易く伝える技術~

プレゼンテーション演習2(発表&F/B)

プレゼンテーション資料の作成技術

~プレゼンテーション資料作成の基本~

プレゼンテーション資料作成演習

1日目のまとめ

第2日

(前日のふりかえり)

プレゼンテーションの実践力強化

~論理的に整理した考えを聴衆にわかり易く伝える技術~

  • プレゼン演習の繰り返しによる成長とスキルの定着化

プレゼンテーション演習3

  • 1.課題の確認
  • 2.論理構築
  • 3.プレゼン演習(VTR 撮影)
  • 4.VTR F/B
  • 5.カードF/B

プレゼンテーション演習4

  • 1.改善内容の確認
  • 2.論理の構築
  • 3.プレゼン演習
  • 4.F/B
  • プレゼンテーションのまとめ
個々の課題形成
  • 相互F/B(アドバイスカードの交換)
  • 個人課題のまとめ(シート記入)

プレゼンテーション演習5

総合まとめ
プレゼンテーション研修に関するお問い合わせはコチラから
お電話でのお問い合わせ 052-796-1685
ホームページからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る