交渉力強化研修 -Win-Winの関係を築く-

研修の目的

交渉の考え方(理論)を理解し、実践に活かせるようにします。

交渉におけるコミュニケーションを理解し、習得します。

演習とフィードバックを通じて、卓越した交渉技術を磨きます。

Point1
人間心理のメカニズム(論理的納得と感情的納得)を活用したアプローチ法
Point2
ロールプレイングにて深い対話分析(プロトコル分析)と相互フィードバック
Point3
Win-Winの結果をもたらす交渉技術を習得

カリキュラム

第1日

オリエンテーション
  • 研修の目的と流れ
  • 交渉のスキル概念
  • 自己紹介
事例(1)
  • 事例研究
  • グループ研究
  • 発表と考察
交渉の基礎理論
  • 1.最低ライン、目標ライン
  • 2.交渉の3つのフレームワーク
  • 3.お互いの強み、弱み
  • 4.デッドロック
    (交渉が暗礁に乗り上げた状態)
  • 5.交渉を進める基本的な理論
  • 6.交渉のプロセスモデル
事例(2)
  • グループ研究
  • ロールプレイング
    演習、ふりかえり
1日目のまとめ

第2日

交渉戦術
  • 1.相手の攻撃をかわす方法
  • 2.心理的な機能を利用した方法
コミュニケーション技術
  • 1.相手の動きを観察する技術
  • 2.相手の動きに合わせる技術
  • 3.効果的に聴く技術
  • 4.論理的に話す技術
事例(3)
  • グループ研究
  • ロールプレイング
    演習、ふりかえり
    交渉の相互評価
事例(4)
  • グループ研究
  • ロールプレイング
    VTR撮影、ふりかえり
総合まとめ

卓越したコミュニケーションスキル

交渉の成功ケースを浮き彫りにし、社内共有化を進め易くする

  • 主導権を常に失わない
  • Win-Win 相手との良好な関係を保ちながらお互い良い結果に導く
  • 状況判断力構造形成
  • プロトコル分析 交渉の演習を講師がプロトコル分析※し、極めて実践的にフィードバック

「交渉」とは、利害関係のある複数の人がいる場合において、当事者同士が合意に達するプロセスです。交渉の考え方(理論)を理解し、互いのコミュニケーションの中で、立場・状況を理解しながら、説得、交渉力を発揮し、皆がWIN-WINの方向、満足する方向へと結果を導くことができるスキルを、演習と周囲からのフィードバックを通して学びます。

※ プロトコル分析とは、観察対象者により言語として発話されたプロトコルデータの詳細な分析を通じて、対象者の内的認知過程を分析する認知心理学の方法です。
交渉力強化研修に関するお問い合わせはコチラから
お電話でのお問い合わせ 052-796-1685
ホームページからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る