弥栄通信Web版

日本の神話「古事記」から学ぶ

story.2 ”創造の力”「創造は 千変万化無尽蔵 湧きあ上がる雲 自由自在」

「古事記」のお話の中では、この世界の始まりは、
天も地も無く、時間も空間も無く、有るのか無いのかも分からない、
ただもやもやとした状態が果てしなく広がっているだけでした。

そこに現れたのが、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)の三柱、
次に宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)、
天之常立神(あめのとこたちのかみ)の二柱、そして、
国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神 (とよくもぬのかみ)です。

ここにおいてようやく大宇宙は姿、形を整え始めました。

以上7柱の神々は、それぞれのはたらきを備えていますが、
この最後、7番目に現れた豊雲野神は、
夏の青空に湧き上がる入道雲が自由にもくもくと絵を書くように、
美しいものを限りなく創造する力
を名前にあらわしています。
素晴らしい大宇宙は豊雲野神の創造の力に彩られました。

私たちの創造力は無限と言われます。
創造そのものが、人生の目的であったりもします。

一人一人の “創造の力”は、雲のように自由自在で、しかも無尽蔵である!
と私たちに伝えてくれていますね。

弥栄通信について・記事一覧ページへ

弥栄通信へのご意見・ご感想などございましたら、メッセージをお寄せください。

ページの先頭へ戻る